Javascript@Workshop
HOME > 関数の戻り値の返し方


関数の戻り値の返し方

関数内から呼び元へ戻す値を、戻り値といいます。

JavaScriptでは、return() で戻り値を返します。
return()を省略すると、関数は戻り値を返しません。


サンプルソース

<html>
<body>
<script language="Javascript">
<!--
rtn = func1();
document.write(rtn);

function func1 {
  return(100);
}
-->
</script>
</body>
</html>

この例では、関数func1から戻り値100が rtn に入り、ブラウザに「100」と表示されます。


関連する内容

JavaScript とは
DHTML とは
JavaScript の書き方
関数の作り方
関数の引数の渡し方
変数を宣言するには
JavaScriptの外部ファイル化


スポンサードリンク


サンプル集&リファレンス

JavaScript サンプル集
 ドキュメント、日付、数学関数、ブラウザ、ウインドウ、入力、効果に関する
 サンプル集です。

DHTML サンプル集
 動きのあるWebページを実現するJavaScriptのサンプル集です。

JavaScript リファレンス
 Math、String、Array、Dateなど、オブジェクト別のリファレンス集です。





Copyright (C) JavaScript@Workshop All rights reserved.
-HTML@Workshop -ASP@Workshop -WSH@Workshop -Excel VBA@Workshop